管理画面
--
--.--.--[--:--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2011.03.24[04:46]
20年ほど前、知人から西村京太郎の文庫本を借りてはまり、
読み漁っていました。
西村京太郎といえば、時刻表トリックを使ったトラベルミステリーが有名ですが、
いくつかの短編のもばかりの本もあり、未だに読んで印象に根深く残っている作品があるのですが、
もう1度読みたい。でもタイトルを覚えておらず、探せないでいます。
もしご存知の方がいらっしゃれば、教えて下さい。
 
要約すると内容はこんな感じです。


大地震が起こって道路が切断され、救助を求める術がなく陸の孤島になった地区に残された住民の話。
初めは皆、救助が来るまで頑張ろう!と協力、励ましあうんですが、
2日経ち・・3日経ち・・・、幾日かが経過し、ついには食料が底をつき、
人々は飢えと恐怖心から狂人みたいに変わっていくんです。
 
そんな中、隠れて赤ん坊に粉ミルクを与える母親。
それを見つけた人々は、手に瓦礫を握り粉ミルクを奪おうと襲い掛かったその瞬間、
上空からヘリの音が。
 
その音に我に返った人々が、自身のおぞましさと、助かるんだという安堵感から泣き崩れた。


 
といった内容。(20年前の記憶なので、処々あやふやですが・・・)
 
これを読んだとき、窮地に追い詰められた人間の本性とは、こんなものかも知れないな、、と感じました。
同時に、自分はこんな人間にはなるまい!と思ったものです。
 
この度の東北関東大震災に関連しての買占め報道を見て、この小説を思い出しました。
いざとなれば人間はやはり、弱者や、本当に助けが必要な人より我が優先なんでしょうか・・・。
われがわれがの「我(が)」を捨てて、お陰お陰の「下(げ)」で生きよ
そんな言葉は奇麗事なんでしょうか?
と思ってしまう買占め報道に、ゲンナリする思いです。
食欲・睡眠欲・性欲・購買欲・独占欲etc・・・
理性で抑えられる欲で、自粛できる範囲は抑えたいものですね。
 
昨日は水が売り切れ続出だったみたいですね。
東京23区に住む親友が呆れてました。
報道の仕方にも問題ありますよ。
大丈夫なんだったら、知らなければ知らないで済む事もあります。
あの報道は、隠すことで後々の非難を避けたい国の策略を感じてしまいました。
 
それから、電気について。
素人ながら、安易にあれこれ考えるのですが、
指先1本、スイッチを押せば明かりが点く当たり前に、感謝した事なんてありませんでした。
電力に頼り過ぎる生活は、いかがなものかと考えさせられました。
 
太陽光だけを利用した発電て作れないのかなぁ?
自転車の夜光ランプ、人力で点きますよね。
自転車をこいで電力を溜めるアウトドアなどの発電機を、震災前TVショッピングで見ました。
コンセントの差込口が付いたモノでした。
手動懐中電灯は素晴らしいと思う。
 
 
大阪は被災地に比べると、まだまだ暖かい。暖房が無い寒さを体感中。
現在室内温度14℃ほど。キーボード打つ手も冷たいです。
でも、避難所の方々は、気密性が高くない場所でおやすみになっている。
 
自分の一部であるペット達と、自宅で眠れるだけ恵まれている。
今ニュースでは、大口の食料支援物資が底をつきかけていると言っている。
震災直後に比べ、現在は大口の支援が激減したとの事です。
 
 

 
Category * 親びんの日常
編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2017 親びん・子びん・はげちゃびん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。