管理画面
--
--.--.--[--:--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2011.03.27[00:14]
不幸中の幸いと言うと語弊がありますが、
他に良い言葉が浮かびませんm(__)m
 
せっかく助かったペット達と共に、仮設住宅に住めるようにしてあげて下さい。
1万人の署名が集まれば環境省に提出できるようです。
阪神淡路大震災の時も、こういった運動で叶ったそうです。
 
その為の署名運動です。
 


 
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』
現在の署名総数 約3,500 名
 
 
※当署名は、2011年4月30日(消印有効)までに、ナチュラルドッグスタイル事務局まで
  郵送でお送りください。(ファックスでのご提出は原本ではなくなるため、無効になります。ご注意ください)
※署名欄が足りなくなる場合に備え、事前に必要枚数分コピー(白黒でも可)してからご記入ください。
※現在、お電話が繋がりにくい状態になっております。ご迷惑をお掛けいたしておりますが、
  お問合せや署名用紙ご希望の方はメールでも承っております。 info@n-d-s.tv

 
■署名活動にあたって  
現在、各地で多発している大地震。被災するのは人間だけではありません。
愛するペットと、そのご家族が、少しでも安心して避難生活を送れるよう、少しでも力になれればと思います。
ナチュラルドッグスタイルでは、環境省宛に、日本でのペット飼育率(約25%)と同等の
ペット可避難所や仮設住宅を確保していただくべく、
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の
確保と増加と建設を求める署名』の活動をおこなって参ります。
 
■署名用紙の入手方法 
 
■署名方法  
 指定の用紙に、自署にて署名日・氏名・住所・捺印(印鑑のない場合はサインでも可)をお願いいたします。
また、署名が少しでも実現されますよう、コメントを記入していただける欄もご用意してあります。
小さな1人の願いがつながり、大きな動きとなりますよう、ご協力をお願いいたします。
記入・捺印漏れや署名内容に偽りがあった場合や、本人に確認の取れていない代筆での署名、
強制的な署名、海外のご住所でのご署名(日本国内にご住所がある外国籍の方は可)などは無効となります。
また、街頭や施設での署名活動は、各管轄・管理者の承諾が必要となりますので、
予めご理解のうえ、ご協力をお願いいたします。
 
■署名用紙の提出方法   
 ご署名いただきました用紙は、大変お手数ですが「ナチュラルドッグスタイル事務局」宛に、
必ずご郵送頂きます様、ご協力をお願い申し上げます。
(ファックス等、署名の原本でないものはお受けできませんのでご了承ください)
 
■個人情報の取り扱いについて  
 当該目的でご署名頂きました個人情報に関して、当団体がその個人情報の一部、
もしくは全部をコピー・その他保存、使用することや、提出先である「環境省」以外の第3者に対し、
その情報を公開・漏洩することは、一切致しません。
また、集めました署名は、適正かつ公正な手段によって、提出先へと届け出るものといたします。 
--------------------------------------------------------------------------------
 
    (以下の文章は、署名用紙にも記載してあります)    
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』 
環境大臣 殿    
【 趣 旨 】 
私達は、災害時における愛玩動物とその飼養管理者(飼い主家族)の双方における、精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、避難所及び仮設住宅での共同生活を確保することを要望します。 
1.避難所について
愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの25パーセント確保することを要望します。
もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを25パーセント確保することを要望します。
2.仮設住宅について
愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、25パーセント確保することを要望します。
3.災害時の愛玩動物への給餌・給水
災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを要望します。
4.災害時の愛玩動物の健康維持について
A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を要請することを要望します。
B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、保護施設にて一時預かり及び、必要により健康診断・治療等の措置を取り、その愛玩動物の写真を印刷物やホームページにて掲載し、預かりを公示することを要望します。  
 以上の要望に対しご賛同いただけました方は、指定の署名用紙にて、署名活動にご協力頂きます事を、心よりお願い申し上げます。


以上転載ここまで。
 
Category * 親びんの日常
編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2017 親びん・子びん・はげちゃびん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。