管理画面
--
--.--.--[--:--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2010.08.16[23:23]
今日で治療始めて12日目。変わらず下痢していた。

検査で何も引っかからないとなると、
考えられる原因は、半年ほど前にフードを変えた事。

どのフードにも書いてある注意書き。
「切替は少しずつ・1週間ほど掛けて」云々。

恥ずかしながら、私は大きな勘違いをしていました。
猫は偏食家だから、急に新たなフードに切り替えたら、食べないからだと思ってました。
幸い、小次郎さんは偏食無く、何でも食べたので、
「問題なし」と思い、安易な発想でそのまま切り替えたのです。

下痢にも、ウイルス性・ストレス性・アレルギー性などあるんですね。。。
先生いわく、これだけ治療しても改善せず、
血液・便に異常が無い、元気も食欲もある、となるとアレルギー性と考えています、と。

そう言われ、変える前のフードに戻せば改善するかも知れないという結論に。
絶対とは言えないけど、試してみる可能性は大いにあると。
アレルギーならば、何に対してアレルギーなのか分からない以上、
病院が出している療養食にも、アレルギー反応で改善しないのかも知れない。。。

下痢って、体が「これは悪いもの」と判断し、急いで排出しようとするから
下痢となって出るんだそうです。

さっそく以前のフードを買いに行き、今夜から少量あげてみた。
3時間経っても、嘔吐はしていない。
(今までは食べた直後に丸々吐いていた)

明日から3日間、病院が盆休みです。
点滴は出来ませんが、一か八か、その間、フードを戻してみます。

4.5キロになった小次郎さん。
先生に「本来の体重ではあります。歳だから皮膚がタルみますし」
と言われた。。。
ブヨブヨの小次郎さんを長年見慣れている私には、
背骨のボコボコも分かるくらい、ガリガリになっちゃって・・・としか。
でも逆に考えれば、15歳で血液検査も尿検査も異常なかった訳で、
下痢さえ治ってくれれば、言うこと無いって事ですよね?

今の体重をキープしつつ、このまま便が治りますように。

そして・・・・
今回下痢で駆け込んだのですが、
初日の診察で撮ったレントゲンで、胸部にあるハズの無い影がみつかりました。
疑惑としては、リンパ腫か白血病だそうで・・・
こちらは1ヶ月後に再度レントゲン撮ります。
それでも変わらず写ってれば、切除手術になるんですが、
今のこの下痢による体力低下を完全に治してからでないと、
手術しても体力持たないと言われています。

あくまで、現時点で「疑惑」ですが。。。。



↑かつての小次郎さん(左上)と、現在の小次郎さん(右下)
こうして比べると、タヌキだと思ってた小次郎さんが
猫に見えて来ました。

★参考までに、私の行ってる病院の治療費内訳★
・点滴 3000円
・検便 800円
・検尿 700円
・血液検査 3600円
・レントゲン 5700円
・3種混合ワクチン 4000円
 
Category * 小次郎さん
編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2017 親びん・子びん・はげちゃびん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。