管理画面
--
--.--.--[--:--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2009.06.13[00:43]
4~5年前からバラの株を何株か育てているのですが、
一昨年は手をかける心のゆとりが無く、
かろうじて水をやる事くらいしか出来ませんでした。

そのため、開花時期には1株から1つ咲けば良い方でした。
それも、貧弱な花姿で、花びらには病気の痕跡も。

でも彼らは気丈です。とてもたくましいです。
肥料も貰えず、剪定もして貰えず、
しおれてしまいそうな位、水に飢えた1年を過ごしながらも、
なんとか蕾を乗せ、小さいながらも花開こうとしました。

動物に本能があるように、
植物にも、どんな悪環境であれ、時期が来れば咲こうと努力する本能があるんですね。
衰弱した状態での開花が、どれほどエネルギーの要る事か。

その姿を見たとき、凹んで自分しか見えなくなってた自分に、
「どんな時でも生きてる義務を果たそうよ!」って
花たちが身をもって示してくれた気がしました。

開花も終わった夏の終わりに、
全ての株達の植え替えと手入れをしました。

そして今年の春~現在、次々とバラたちは本来の大輪で優雅な花姿を
見せてくれています。

植物は正直で好きです。
ほったらかしにしてたら、それなりの咲き方しかしてくれません。
でも、丹念に世話をしたら、
それに応えるかのように見事な咲き方をします。
彼等には、嘘・虚栄・裏切りはありません。



(スパティフィラム・アスパラ・バラ)



メアちん、カメラ目線でハイおっちん。
なんて絵になる子なのだろぅっっ(親バカもホドホドにしろッ)

えー、ちなみにこの後、ヤラれるとは思ってましたが、、、、
花瓶はあえなく倒されてしまいました><
「猫に真珠」って諺があってもイイと思う今日この頃です。
 
Category * メア
編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Copyright © 2009 親びん・子びん・はげちゃびん, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。